【麦山浮橋・留浦浮橋】東京都西多摩郡奥多摩町 奥多摩湖の湖面を歩いて渡れる通称ドラム缶橋

[名称] 麦山浮橋(むぎやまうきはし)留浦浮橋(とずらうきはし)
[場所] 東京都西多摩郡奥多摩町
[形式]
[全長]
[最大支間長]
[幅]
[高さ]
[着工・竣工]
[概要] 奥多摩湖小河内ダム建設(昭和32年11月竣工)に伴い、水没した集落の通行路確保のために、麦山浮橋留浦浮橋の2つの浮橋が架けられた。

当初はドラム缶で浮かせていた為、通称「ドラム缶橋」と呼ばれているが、現在はポリエチレン・発泡スチロール製のフロートとなっている。

麦山浮橋から西へ4km程の留浦浮橋は東京都の最奥に位置し、現在、留浦集落には数軒の住宅が残るのみとなっている。

増水時に通行止めになる事がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。