【下関漁港閘門(水門橋)】山口県下関市彦島本村町 世界一小さなパナマ運河式閘門の昇開式可動橋

[名称] 下関漁港閘門(水門橋)
[場所] 山口県下関市彦島本村町6丁目1−1
[形式] 昇開式可動橋
[全長] 水路長50m
[最大支間長]
[幅] 水門幅8m
[高さ]
[着工・竣工] 下関漁港閘門1936年9月設置 水門橋1982年12月25日開通
[概要] 未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に認定。

世界一小さなパナマ運河式閘門としてギネス世界記録に認定。

 

下関漁港の閘門は、日本海と瀬戸内海の干満差によって生じる激しい潮流を抑制し、漁港の安全性を確保するために戦前に建設された構造物。

戦後の下関漁港の発展に多大な貢献をしており、昭和41年には28万5千トンの水揚量日本一に輝いた。

閘門は今なお現役稼動中で船舶が航行しており、この様な構造物は全国的にも珍しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。