【河童橋】長野県松本市安曇上高地 芥川龍之介「河童」にも登場する 北アルプスの絶景を望む上高地のシンボル

[名称] 河童橋
[場所] 長野県松本市安曇上高地
[形式] 吊橋
[全長] 37m
[最大支間長]
[幅] 3.1m
[高さ]
[着工・竣工] 1891年(明治24年)架設。
[概要] 梓川の清流に架かる木製吊橋で、橋の上から穂高岳、焼岳などの絶景を望むことができ、上高地のシンボルとなっている。

明治43(1910)年に、それまでのはね橋から吊橋に架け替えられた。現在の橋は平成9(1997)年に完成したもの。

昭和2(1927)年に発表された芥川龍之介の小説「河童」に登場し、認知度がさらに高まった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。