【河津七滝ループ橋】静岡県賀茂郡河津町梨本 地震の教訓から生まれた 美しい螺旋を描く2重ループ橋

[名称] 河津七滝ループ橋(かわづななだるるーぷきょう)
[場所] 静岡県賀茂郡河津町梨本
[形式] 3径間連続曲線箱桁4連橋
[全長] 1064m(直径80m)
[最大支間長]
[幅]
[高さ] 45m
[着工・竣工] 1981年(昭和56年)完成
[概要] 1978年、伊豆大島近海の地震で崩落した山腹道路の土砂崩れの教訓を生かし、二重ループで6基の橋脚で強度を持たせ建造された橋。

制限時速40kmで追越し禁止となっており、自動車・自動二輪車・自転車が通行可能。

橋脚の下部分に町営無料駐車場25台あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。