【幣舞橋】北海道釧路市北大通 四季を伝える女性像が世界三大夕日と夜景に映える 異国情緒あふれる橋

[名称] 幣舞橋(ぬさまいばし)
[場所] 北海道釧路市北大通
[形式] 3径間連続鋼床版箱桁橋
[全長] 124.0m
[最大支間長] 54.0m
[幅] 33.8m
[高さ]
[着工・竣工] 1976年11月完成
[概要] 釧路川の最下流にかかる桁橋で幣舞ロータリーと接続し、6車線と歩道で交通の要地となっている。

橋上彫刻「道東四季の像」があり、4人の彫刻家がそれぞれ春夏秋冬を表現している。

春の像「若葉が萌えいずる雪解けの季節」舟越保武 作

夏の像「さわやかな風を受けて羽ばたく若々しさ」佐藤忠良 作

秋の像「迫りくる厳しい冬に立ち向かう精神と緊張感」柳原義達 作

冬の像「寒さと冬をはねのけて春を待ち望む心」本郷新 作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。