【安居橋】京都府八幡市八幡山柴 江戸時代「橋とおぼろ月」で八幡八景のひとつとされた 擬宝珠が風流な木造反橋

Screenshot of goo.gl
Screenshot of goo.gl
Screenshot of goo.gl
Screenshot of goo.gl

[名称] 安居橋(あんごばし)
[場所] 京都府八幡市八幡山柴56
[形式] 反橋
[全長] 21m
[最大支間長]
[幅] 4m
[高さ]
[着工・竣工] 不明

1614から1624年に架設されたという記録がある。

[概要] 放生川(ほうじょうがわ)に架けられた歩行者・自転車専用の木造反橋。欄干には12の擬宝珠(ぎぼし)が装飾されている。

別名「たいこ橋」と呼ばれ、江戸時代「安居橋の朧月(おぼろづき)」は八幡八景のひとつとされ、数々の歌に詠まれた。

橋の両岸は散策路で、八幡宮境内とともに市民の憩いの場となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。