【不老橋】和歌山県和歌山市和歌浦中 勾欄にある雲の文様化レリーフが美しい 江戸時代では珍しいアーチ型石橋

[名称] 不老橋(ふろうばし)
[場所] 和歌山県和歌山市和歌浦中3丁目4
[形式] アーチ橋
[全長]
[最大支間長]
[幅]
[高さ]
[着工・竣工] 嘉永3年(1850年)着工 嘉永4年(1851年)完成
[概要] 不老橋は、片男波松原にあった東照宮御旅所の移築に際して紀州藩10代藩主であった徳川治宝(橋が架けられた当時は13代藩主徳川慶福の治世中)の命により、嘉永3年(1850年)に着工し、翌4年(1851年)に完成したアーチ型の石橋。

この橋は、徳川家康を祀る東照宮の祭礼である和歌祭の時に、徳川家や東照宮関係の人々が御旅所に向かうために通行した「お成り道」に架けられた。

橋台のアーチ部分については肥後熊本の石工集団の施工であり、勾欄部分については湯浅の石工石屋忠兵衛の製作と推定されている。
勾欄部分には、雲を文様化したレリーフがみられる。

江戸時代のアーチ型石橋は、九州地方以外では大変珍しく、特に勾欄部分の彫刻が優れている。

和歌山市の重要文化財として認定されている。

出典 一般社団法人 和歌山市観光協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。