【一本橋(行者橋・阿闍梨橋)】京都府京都市東山区稲荷町北組 柳並木の白川岸に架かる 日本一法衣が似合う・質素でも風情溢れる御影石橋

[名称] 一本橋(行者橋・阿闍梨橋・古川町橋)
[場所] 京都府京都市東山区稲荷町北組
[形式] 桁橋
[全長] 11.7m
[最大支間長]
[幅] 0.6m
[高さ]
[着工・竣工] 架設年不詳

1907年架け替えられる

[概要] この橋は、比叡山の阿闍梨(あじゃり)修行で千日回峰行を終えた行者が、粟田口の尊勝院(そうしょういん)の元三大師(がんさんたいし)に報告し、今日の町に入浴するとき最初に渡る橋であり、行者橋とも阿闍梨橋ともいわれる。

また江戸時代、この橋を粟田祭りの剣鉾が差して渡る「曲渡り(曲差し)」が呼び物であった。

(現地掲示板より)

※阿闍梨・・・先生を意味し、高僧のことをいう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です