【三朝橋】鳥取県東伯郡三朝町 擬宝珠高欄と燈篭がノスタルジックな温泉街に似合う 四本円柱の脚がひときわ目を引く橋 恥ずかしい露天風呂有

[名称] 三朝橋(みささばし)
[場所] 鳥取県東伯郡三朝町
[形式] RC造7連桁橋
[全長] 69m
[最大支間長]
[幅]
[高さ]
[着工・竣工] 1934年(昭和9年)完成
[概要] 三朝温泉のシンボルとなっている風情溢れる桁橋

四本の円柱の橋脚がひときわ目を引き、橋の上には擬宝珠高欄春日燈篭といった昔の木橋だった頃の名残ある造りとなっている。

この橋を望むように、「三朝温泉 河原風呂」があり24時間入れる人気スポットとなっている。衝立はあるものの日本指折りの恥ずかしい露天風呂として有名。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です