【二俣橋・二俣二橋】熊本県下益城郡美里町小筵 季節と時間限定で光と影のハートが見れる撮影スポット 全国でも珍しい風情豊かな兄弟橋

[名称] 二俣橋(ふたまたばし)・二俣二橋(ふたまたにきょう)
[場所] 熊本県下益城郡美里町小筵
[形式] アーチ橋
[全長] 二俣渡28.0m・二俣福良渡27.0m
[最大支間長]
[幅] 二俣渡3.3m・二俣福良渡2.5m
[高さ] 二俣渡8.0m・二俣福良渡8.0m
[着工・竣工] 二俣渡 文政12(1829)年完成・二俣福良渡 文政13(1830)年完成
[概要] 釈迦院川津留川の合流する箇所が二俣にあり、全部で五つの橋が架けられている。釈迦院川に3基(二俣渡・年祢橋・新年祢橋)、津留川に2基(二俣福良渡・新二俣橋)

このうち、川の合流点にと二俣渡(ふたまたわたし)二俣福良渡(ふたまたふくらわたし)が江戸時代に架けられ、全国でも珍しい兄弟橋となっている。

10月から2月にかけて、お昼11時半頃から12時頃までの間の約30分間二俣渡のアーチに差し込む光が水面に反射してハートのように見える。

出典 美里町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です