【通潤橋】熊本県上益城郡山都町長原 豪快な放水で有名な国内最大級の石造りアーチ水路橋

[名称] 通潤橋(つうじゅんきょう)
[場所] 熊本県上益城郡山都町長原
[形式] アーチ橋
[全長] 75.6m
[アーチ半径] 27.6m
[幅] 6.3m
[高さ] 20.2m
[着工・竣工] 1854年完成
[概要] 嘉永7年(1854年)、水不足に悩む白糸台地に水を送るため、矢部の惣庄屋・布田保之助によって造られた日本最大級の石造りアーチ水路橋

水路の長さ126m、約6km離れた笹原川の上流から水を引き、水路の総延長約30km、灌漑面積は約100haにも及び、一昼夜で15,000平方メートルの水を送り、水田を潤す力を備えている。

1960年(昭和35年)に国の重要文化財に指定され、豪快な放水は有名。

見学無料

駐車場有り(道の駅駐車場136台)

出典 通潤橋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。