【鶴の舞橋】青森県北津軽郡鶴田町廻堰大沢 岩木山を映す津軽富士見湖に架かる日本一の三連太鼓橋

[名称] 鶴の舞橋(つるのまいはし)
[場所] 青森県北津軽郡鶴田町廻堰大沢
[形式] 三連太鼓橋(アーチ橋)
[全長] 300m
[幅] 3m
[橋脚の径] 直径30cm(樹齢150年以上を700本)
[使用材料] 青森県産「ひば」1等材 丸太3千本、板材3千枚(4LDKだと約30棟)
[着工・竣工] 平成6年7月8日完成
[概要] 岩木山の雄大な山影を湖面に美しく映す津軽富士見湖

その伝説に満ちた優美な湖面にまたひとつ美しい姿を映す鶴の舞橋。

全長300mの三連太鼓橋日本一長い木橋であり、そのぬくもりたっぷりの優しいアーチは、鶴と国際交流の里・鶴田町の新しい魅力となっている。

出典 鶴田町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。