【瀬田の唐橋】滋賀県大津市唐橋町-瀬田 数々の戦場となって日本史と共に存在し続ける歴史的な名橋

[名称] 瀬田の唐橋(せたのからはし)
[場所] 滋賀県大津市唐橋町-瀬田1丁目
[形式] プレートガーター桁橋
[全長] 223m
[最大支間長]
[幅] 12m
[高さ]
[着工・竣工] 1974年着工・1979年竣工
[概要] 古来より交通の要害や名所として知られ、歴史上様々な逸話を持つ橋。日本三大橋(日本三名橋、日本三古橋)のひとつとされた。

飛鳥時代667年天智天皇の時代に架橋されたと伝えられている。

672年の壬申の乱では、大友皇子と大海人王子の決戦場となり、勝利した大海人皇子が天武天皇として即位した。

その後も、平安時代には源平合戦、鎌倉・室町時代には承久の乱の戦場となり、安土桃山時代に織田信長によって本格的な架橋がなされた。

その後も幾度となく架け替えられ、現在の橋が完成したのが1979年(昭和54年)である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。