【桃介橋】長野県木曽郡南木曽町読書 大正時代の架橋技術の粋が集約された美しい木製吊橋

[名称] 桃介橋
[場所] 長野県木曽郡南木曽町読書
[形式] 吊橋
[全長] 247.762 m
[最大支間長] 104.496 m
[幅] 2.728 m
[高さ] トラス高 2.333 m

主塔高  鉄筋コンクリート部13.300 m, 練石基礎部(中央)14.326 m

[着工・竣工] 1922年(大正11年)完成。
[概要] 木曽川に架かる、日本最大級の長さを誇る木製吊橋。意匠や技術が評価されr国の重要文化財に指定された。

4径間をワイヤーで吊り、橋桁は木製トラス構造となっている。

1978年(昭和53年)、老朽化によって利用中止となり、撤去費用がなく存続していたが、1993年(平成5年)の復元により利用が再開された。

当時の大手電力会社、大同電力の社長「福澤桃介(1868-1938)」は完成当初「桃介橋」と名づけたい意向であったが周囲の反対により「桃之橋」と名づけられた。1993年復元時にようやく「桃介橋」と命名された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。