【上津屋橋(流れ橋)】京都府八幡市-久世郡久御山町 時代劇の舞台定番 増水時敢えて流されるよう設計された柔軟な橋

[名称] 上津屋橋(こうづやばし)(流れ橋)
[場所] 京都府八幡市上津屋宮前川端-久世郡久御山町
[形式] 流れ橋
[全長] 356.5m
[最大支間長] 10.1m
[幅] 3.3m(有効幅員3.0m)
[高さ]
[着工・竣工] 1953年(昭和28年)3月建設
[概要] 京都府南部を流れる木津川に架かる木製の流れ橋。

増水して川の流れが速くなっても、流されて構わないという設計で造られている。増水時には橋桁が川底から離れ水面に浮き、橋桁と橋脚はロープで繋がっているため、水圧を受け流す事ができる構造となっている。

架設以来23回流されても、被害が少ないため復旧にかかる時間と費用が抑えられている。

また、時代を感じるその造りから、昔から映画やドラマで幾多の舞台となっている。

 

ライブカメラはこちら(淀川河川事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。