【大井川水路橋】静岡県島田市神座 斬新な波型高欄デザイン 日本で他に例を見ない車も渡れる水路橋

 

[名称] 大井川水路橋
[場所] 静岡県島田市神座
[形式] プレストレストコンクリート造桁橋
[全長] 732.3m
[最大支間長]
[幅]
[高さ]
[着工・竣工]
[概要] 大井川水路橋は、静岡県の中央部に位置し県内でも有数の規模を誇る大井川用水の一部となる施設で、この水路橋の上流左岸にある川口取水工で取水された用水を右岸に流すために、島田市神座~島田市横岡間に架設されています。

現在の水路橋は2代目で、平成14年から平成18年にかけてプレストレストコンクリート造で建造されました。新しい水路橋の延長は、732.3mで、1秒間当たり約10㎥の水を左岸から右岸に流しています。水路橋の高欄には大きな波が押し寄せてくるような農業用の施設とは思えない、斬新なデザインが取り入れられています。

かつての水路橋は、新しい水路橋の約100m上流に位置した昭和35年完成のものでしたが、経年による老朽化と大井川の河床低下により、使用に支障が生じていたため国営大井川用水農業水利事業により、平成20年度までに撤去されました。

水路橋は、本来は、水を流すための施設ですが、車両等が通行できる強度を保有し、歩行者、自転車等の他、時間帯や通行車両の制限はありますが、一方通行により、一般の車両にも開放され、施設の有効利用を図っています。このような使用は全国的にも例がありません。現地には、かつての水路橋の写真が掲示された水路橋に関する説明板も設置されています。

水路橋通行可能時間帯

水路橋の車両通行について

大井川の左岸(神座)と右岸(横岡)を結ぶ水路橋は、次のとおり時間帯による車両の一方通行ができます。
ご利用の際は、制限速度を守り、安全に走行してください。

  • 通行できる車両は、長さ6m、幅2m、高さ2.8m以内で、総重量が2トン以下の車両(バイクを含む)です。
  • 制限速度は、時速20Kmです。

*管理のため、通行止めにする場合があります。
*自転車、歩行者については、時間帯規制がありません

通行可能時間帯一覧表

通行可能時間帯 通行報告
午前6時 ~ 7時45分 左岸(神座)⇒右岸(横岡)
午前8時 ~ 9時45分 右岸(横岡)⇒左岸(神座)
午前10時~11時45分 左岸(神座)⇒右岸(横岡)
午後0時 ~ 1時45分 右岸(横岡)⇒左岸(神座)
午後2時 ~ 3時45分 左岸(神座)⇒右岸(横岡)
午後4時 ~ 5時45分 右岸(横岡)⇒左岸(神座)
午後6時 ~ 7時45分 左岸(神座)⇒右岸(横岡)
午後8時~翌日午前6時:通行止め
*奇数時45分から15分間は、車両排除のため通行止めとする。
ただし、歩行者、自転車は、通行可とする。

出典 静岡県公式ホームページ 島田市公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。