【幸野川橋梁】熊本県阿蘇郡小国町北里 3つの透かし穴の造形美が際立つ 竹筋コンクリートアーチ橋

[名称] 幸野川橋梁(こうのがわきょうりょう)
[場所] 熊本県阿蘇郡小国町北里
[形式] コンクリート造6連アーチ橋
[全長] 112m
[最大支間長] 20m(4径間)
[幅]
[高さ]
[着工・竣工] 1939年頃(昭和14年頃)
[概要] 北里駅と肥後小国駅にある、竹筋コンクリート造アーチ橋で、2004年2月に登録有形文化財として登録されている。

建設時期が戦争中のため、鉄筋の代わりに竹筋が用いられたと伝えられている。

橋脚の上部に特徴的な形の3つの透かし穴が開いていて、この橋の独特な造形美を際立たせている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。