【渡良瀬橋】栃木県日光市足尾町 足尾銅山の歴史とともに歩んだ 大改修コンクリートアーチ橋

[名称] 渡良瀬橋
[場所] 栃木県日光市足尾町
[形式] コンクリートアーチ橋
[全長] 52.5m
[最大支間長]
[幅] 5.4m
[高さ]
[着工・竣工]
[概要] 足尾銅山の歴史と共に知られる渡良瀬川に架かる橋。

明治後期に建造され、主構造部が鉄製、橋桁、床版、高欄などが木製だったため、1927年(昭和2年)に木製部分を鉄製に改修し、1935年(昭和10年)に鋼鉄部分を鉄筋にしたコンクリート製のアーチ橋として大改修が行われた。

1997(平成9年)年に新渡良瀬橋が完成し、現在は自転車、歩行者専用の橋となっている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です