【広島空港大橋】三原市本郷町 地上高190m 大渓谷に架けられた国内最大のアーチ橋

[名称] 広島空港大橋(ひろしまくうこうおおはし)
[場所] 三原市本郷町
[形式] アーチ橋
[全長] 380.0m(アーチ橋では国内最大)
[高さ] 190m(地上高)95.0m(アーチライズ)
[着工・竣工] 平成23年4月20年完成
[概要] 別名 広島スカイアーチ

広島空港大橋は,広島中央フライトロードの中核をなす大規模橋梁であり,アーチ支間はこれまでの記録を一気に75mも上回る380mの日本一大きなアーチ橋である。

架橋位置は,広島空港の北側約2kmの沼田川渓谷であり,周辺には,毛利元就公とも縁のある「女王滝」や「瀑雪の滝」があることでも知られる。

谷の最深部から路面となる位置までの高さは,最大約190mであり,これは中四国地方一の高さを誇る広島市のアーバンビューグランドタワーでさえ,すっぽり入ってまだ余る高さである。

広島空港大橋の完成により,県北部と空港間の所要時間は従来より20分も短縮され,空港へのアクセス性が向上したことはもちろん,日本一のアーチ橋そのものを活用した集客の動きも出始めている。

沿線の棲真寺では,圧倒的なスケールの橋が間近に見える展望台が整備されたほか,地元三原市では,日本一のアーチ橋に誇りと愛着を持って「広島スカイアーチ」の愛称でも親しまれている。

出典 広島県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。