【碓氷第三橋梁 (めがね橋)】群馬県安中市松井田町 四季折々の大自然と調和する赤煉瓦造りの雄大なアーチ橋

[名称] 碓氷第三橋梁 (めがね橋)(うすいだいさんきょうりょう)
[場所] 群馬県安中市松井田町坂本
[形式] アーチ橋
[全長] 91m
[最大支間長]
[幅]
[高さ] 31m
[着工・竣工] 1892年(明治25年)12月完成
[概要] 明治25年4月に建設が始まり12月に完成。芸術と技術が融合した美しい煉瓦のアーチ橋で、川底からの高さが31mあり、我が国最大級のものです。

この4連の雄大なアーチ橋は通称「めがね橋」として親しまれています。

橋梁は、第2橋梁から第6橋梁までの5基が残っており、すべてが煉瓦造りで、国重要文化財に指定されています。

使われたレンガは202万8千個といわれている。

1963年に廃線されるまでアプト式鉄道の線路として使われていた。約6kmの廃線敷が現在「アプトの道」という遊歩道として開放されている。

 

めがね橋からアプトの道への行き方

アプトの道ハイキングコース

出典 安中市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。