【錦帯橋】山口県岩国市岩国 日本の架橋技術の粋が集約した木造五連アーチ橋

[名称] 錦帯橋(きんたいきょう)
[場所] 山口県岩国市岩国
[形式] アーチ橋
[全長] 193.330m
[最大支間長]
[幅] 5.0m
[高さ]
[着工・竣工] 1673年(延宝元年)完成
[概要] 5連の構造(中央の3連はアーチ橋)という、世界的にもたいへん 希な構造。これは「流されない橋を作りたい」という先人たちの 情熱と、独自に発展した架橋技術によって生み出されたものです。 現代においても、その技術は極めて高く評価されている。

錦帯橋は5つの木造の橋が連なる構造。その内、中央3連は、迫持式(せりもちしき)といわれるアーチ構造。両端の2つの橋は反りを持った桁橋構造で、釘を1本も使わない建造技術が使われている。

日本三名橋・日本三大奇橋として有名で、1922年3月名勝の指定を受けた。桜の名所としても知られる。

 

アーチ橋の建設方法

アーチ橋の建設方法2

出典 錦帯橋(岩国市公式ホームページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。