【猿橋】山梨県大月市猿橋町 深い谷の岩盤から延びている 古来の歴史ある木造刎橋

[名称] 猿橋(さるはし・えんきょう)
[場所] 山梨県大月市猿橋町猿橋
[形式] 刎橋
[全長] 30.9m
[最大支間長]
[幅] 3.3m
[高さ] 31m
[着工・竣工] 1984年完成(江戸期の復元)
[概要] 深い谷に橋脚無しで架橋された木造刎橋(はねばし)。

岩盤に穴を開け刎ね木を斜めに差し込み、その上に刎ね木を重ねていくという日本独特の架橋技術が用いられている。また、刎ね木や横の支柱には屋根が架けられて腐食から保護されている。

最初の架橋年代は不明とされ、古代の推古天皇時代の説がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。