【渡月橋】京都府京都市 平安時代に架橋・鎌倉時代に命名された嵐山の名所

[名称] 渡月橋(とげつきょう)
[場所] 京都府京都市
[形式] 鉄骨鉄筋コンクリート橋
[全長] 155m
[最大支間長] 約10m
[幅] 11m
[高さ]
[着工・竣工] 1934年(昭和9年)完成
[概要] 観光地の嵐山の象徴となっている、桂川に架かる桁橋。

836年(承和3年)の架橋が最初とされ、鎌倉時代に「くまなき月の渡るに似る」と詠んだ亀山上皇によって命名された。

現在の橋はSRC造でありながら、嵐山の景観と調和するために、欄干と橋桁隠しの部分が木造となっている。また、中央部分が1m高く弓なりになっていて優雅さを表現している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。