【末広橋梁】三重県四日市市千歳町 – 末広町 数々の遺産に認定されている 国内唯一現役の可動橋

[名称] 末広橋梁(すえひろきょうりょう)
[場所] 三重県四日市市千歳町- 末広町
[形式] プレートガーダー橋(可動橋)
[全長] 57.98m
[最大支間長]
[幅] 4.1m
[高さ] 主塔15.6m
[着工・竣工] 1931年(昭和6年)12月竣工
[概要] 国内で唯一現役の跳開式可動鉄道橋。

コンクリート桁1連、鉄桁4連で構成され、1日5往復の列車が通行する時のみ橋が降り、通常は80度の角度で跳ね上がっている。

 

近代化遺産建造物として国の重要文化財、近代化産業遺産、機械遺産等数々の遺産に認定されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。