【長潭橋】山梨県甲府市平瀬町-甲斐市吉沢 名勝・昇仙峡の玄関口 現存最古のコンクリートアーチ橋

[名称] 長潭橋(ながとろばし)
[場所] 山梨県甲府市平瀬町-甲斐市吉沢
[形式] アーチ橋
[全長] 34.6m
[最大支間長]
[幅] 3.6m
[高さ]
[着工・竣工] 大正14年竣工
[概要] 景勝地・昇仙峡の玄関口に位置する長潭橋は、昇仙峡の象徴的な構造物であり、現存する最古のコンクリートアーチ道路橋として近代土木遺産に選定されている。

しかし、道路幅員の不足や老朽化等の問題から、通行の安全確保を目的とした橋梁架替を行う必要が生じている。

出典 13 甲府昇仙峡線 長潭橋改修計画 – 山梨県(PDF)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。